ブルゾンちえみさんと一緒にいるイケメン2名、withBの方たちってどんな人なのかなと思って調べてみました。お二人とも人当たりがいいのですが、どんな方なのかよくわかっていなかったので、調べてみて勉強になりました。

「男はガムと一緒。味がしなくなったら、また新しいガムを食べればいい。だって、地球上に男は何人いると思っているの?…35億!」ブルゾンちえみさんがそういいながら、吐き出したガムをさっと受けとり、別の時は、ブルゾンがまき散らした書類を黙って拾われる。このお二人、何者なんでしょう。

それに対して、ブリリアンの方が回答されているアンケートがありました。
「自分らはブルゾンさんの1つ下の後輩芸人で、『ブリリアン』というコンビを組んでます。芸歴は4か月。養成所(ワタナベコメディスクール)を卒業する直前(2016年10月)に、たまたまブルゾンさんが“複数の男をはべらせたネタがやりたい”と思ったそうで、“シュッとしてるから”という理由で声をかけていただきました。ほんま、棚からぼた餅的な感じです」

「スカイ!」「オーシャン!」など英単語のみしか喋らなかったから、こんなに饒舌に話しているのみたら、驚いちゃいますねw

スポンサーリンク


ブリリアン(芸人)のメンバー

腰が低く、でもよく通る声で闊達に話すのは、金髪イケメンのコージ(29才)。
黒髪イケメンのダイキ(29才)は「ダントチュでシュッとしてましたから」とかみながらもキメ顔を作る。確かに2人とも身長182cmのナイスガイ。
「自分らはブルゾンさんの1つ下の後輩芸人で、『ブリリアン』というコンビを組んでます。芸歴は4か月。養成所(ワタナベコメディスクール)を卒業する直前(2016年10月)に、たまたまブルゾンさんが“複数の男をはべらせたネタがやりたい”と思ったそうで、“シュッとしてるから”という理由で声をかけていただきました。ほんま、棚からぼた餅的な感じです」

お二人のブルゾンさんへの想い

「ブルゾンさんは養成所内でも有名な存在。斬新なネタをされているのを知っていたし、あの独特な世界観にかかわれるのがうれしかった」
「ブルゾンさんに会う前は、“コンビはどちらかがブサイクじゃないと売れない”というジンクスにすごくとらわれていたんです。こいつ(ダイキ)は普段からめちゃくちゃかっこつけてましたから(笑い)、自分がブサイクの部分を一手に引き受けようと、一時はタンクトップやホットパンツを着て、見た目で笑ってもらおうと必死だったんです。全然ウケなかったんですけどね」
「“もしかわいい子がネタをやる時に、ちょっとダサイことやってたら見てられないでしょ?”と言われて、ハッとしたんです。“ありのままでいいんだ”って気づかせてもらって。オンナを全面に押し出しているブルゾンさんみたいに、自分も相方もオトコの部分を思い切り出して、とことんかっこつけたろう、それで笑ってもらうのもありやなって思ったんです」(コージ)
「外国人アーティストのミュージックビデオを“このやかましさがたまらないのよ!”って送ってきたり、外人さんが立っている写真と“この角度!”って一言とか(笑い)」

ネタはブルゾンが考え、どう動くかは2人もアイディアを出し合う。ブルゾンからLINEで指令が届くこともある。

ブルゾンちえみとブリリアン(芸人)で男女関係は発生するのか?

「一切ないです。ブルゾンさんは競い合いを『醜い!』って言って嫌がるし、そもそもおれたち、全然オトコとして見られてないんですよね…」
「この前も打ち合わせ中、ブルゾンさんが急にポーッとし出したので、あれ? って思ってその視線の先を追ったら、黒人さんが立ってて。ああ、ホンマに日本人に興味ないんやと思いました(笑い)。まぁ、おれらだってブルゾンさんのこと、人間として尊敬してますけど、女としては見てないですけどね。もちろん、ネタの時は本気で素敵な女性だと思って演じてるし、プライベートでも3人でいるときは、荷物を持ったり椅子を引いたり、あの世界観を壊さないためにエスコートしてますよ」