テラフォーマーズの最重要人物ジョセフのベースは諸説ありますが、まだ作中でも判明していません。有力なのは人間ですが、ほかにも諸説あります。さて、どれがベースなのでしょうか。いろいろな説も紹介して考察したいと思います。

テラフォーマーズのローマ連邦の幹部(オフィサー)であったジョセフですが、新章が始まってからまだあまり登場していません。新章テラフォーマーズでは、テラフォーマーズ20巻で、アレクサンドル・G・ニュートンからの書物を読んで、暖炉にくべるシーンで登場するくらいしかまだ出番はありません。

ですが、絶対にはずせないキャラなので、登場以来ずっと言われ続けていたジョセフのベースは人間という線で考えたいと思います。ネットで調べると、諸説出てきます。ざっとまとめると、人間説、テラフォーマーズ説、キメラ説などなど他にもコウモリや、ウーパールーパー説などもありますが、どれもジョセフのベースとしての根拠が薄いです。

そもそも、キメラ説はその一番最初がなんなのかという答えに回答しきれないので、「結果としてキメラ」としか言えないと思いますので、ここでは除外されます。そうすると、テラフォーマーズ最重要人物ジョセフのベースは人間かテラフォーマーかという議論に収斂されると考えます。では、そもそもジョセフとはどんなキャラクターなのでしょうか。議論の前に整理をしてみたいと思います。

テラフォーマーズ ジョセフのプロフィール

国籍:ローマ連邦
年齢:24歳(※この年齢についても詐称説があります。詳しくはこちら)
身長:187㎝
体重:99㎏
手術ベース:人間説、テラフォーマーズ説、ラハブ人説(ラハブ人説についてはこちら)
専用武器:対テラフォーマーコーティング式西洋刀「ジョージ・スマイルズ」
マーズランキング:1位


ジョセフは火星にてエヴァよりプラナリアを奪取します。しかし、プラナリアだけではなく、もっと元になったベースがあるのではないかという観察がされています。第一のベースをツノゼミ(バグス手術と違い、MO手術はツノゼミを基礎手術とし、ツノゼミを繋ぎに様々な地球上のすべての生物の能力を引き継ぐことが可能になった。)のみとする説もあります。

テラフォーマーズと戦うためにジョセフはMO手術を受けるが、燈を不純物と嫌うように、身体の中に複数の特性を加えるのをジョセフは好きではないのかも知れないと考えます。
テラフォーマーズ12巻で、ジョセフが、劉と対決した際に、爆君が人間じゃないというような視線を送ってきたと感じた時に内面を吐露します。

何を考えているか解るぜ
『人間じゃない・・・!』だろ
冗談を言うな
私こそが『人間』
人の持てる才能を碌に持たず
訓練により人間に習得可能な技能も修復可能な欠点も
あると言うのに 努力もせず

挙句 そんな奴らが
他の生物の特性に頼るなど

俺に言わせれば
お前らの方が人間じゃない

これは、裏を返せば

人の持てる才能を極限まで伸ばし
訓練により人間に習得可能な技能も修復可能な欠点も
人間的な有性生殖を繰り返し、訓練や努力により 克服した人間

これこそが『人間』

という宣言とも読めないでしょうか。

とするならば、プライドの高いジョセフが、人間の凄さを、訓練により弱点を克服した人間を選択せずに、安易に他の生物をベースにし、特性を利用して人間を超える、とは考えにくいのではないでしょうか。

ここで、では、どんな人間がベースにふさわしいかという論点になると思います。




テラフォーマーズ、ジョセフのベースが人間なら、それはだれか

そうした時、人類の到達点として、ジョセフの前の世代のニュートン一族の当主が候補に挙がると思います。しかし、テラフォーマーズの中で、ジョセフの前の世代のニュートン一族は意外と登場していません。




テラフォーマーズ ニュートン一族

アレクサンドル=G=ニュートンや、その息子ジョージ=ニュートン、そしてジョセフ=ニュートンをはじめとするニュートン一族は、計画的に遺伝子を掛け合わせた人間界のサラブレッド一族です。ニュートン一族は、600年にわたり容姿や身体能力を自然交配で高め、通常の人間とは比べものにならないレベルまで達していました。その完成形がジョセフなのです。

ニュートン一族の、究極の目的は彼らの目的は人間を超えること、つまり神になることであると言えます。

こちらの記事もどうぞ⇒テラフォーマーズ、ジョセフのMO手術ベースは?意外な予想!

アレクサンドル・グスタフ・ニュートン

 

 

 

U-NASAにおけるバグズ2号計画の最高責任者。火星でのテラフォーマーとの戦闘を想定し、乗員たちへのバグズ手術を推し進めた主導的な存在。ゴッド・リーの体に取り付けた内蔵カメラを通じて火星の何かを知り、「それを母なる”ラハブ”の解答だ」と評し、孫のスマイルズが地球に送ることのできたテラフォーマーの首をみて、「これで人間を超えることができる」とほくそ笑みます。

ジョージ・スマイルズ

 

 

 

 

バクズ1号乗務員。アレクサンドル・グスタフ・ニュートンの孫。彼の活躍によりテラフォーマーの首を地球に飛ばす事に成功した。これによりテラフォーマーの存在を確認することに成功した。だが彼を含む全ての乗務員は全滅した。(かに見えたが、彼が生き残ってラハブの技術をテラフォーマーに流用しているのではないかという説もあり。)

ジョセフ・G・ニュートンの父親

ジョセフの父は鼻が高くなりすぎたため、相手に威圧感を与え過ぎてしまうためにジョセフの母は他の兄弟と違い、アルバニアかリトアニアあたりの娼婦だというのです。鼻の形の良い娼婦を金で買い、ジョセフを産ませた。

以上の三名が登場しています。そして、スマイルズは、テラフォーマーズ作中のロシア連邦の大統領と同姓ですが、ニュートンという名字でないことから本家ではないのかもしれません。とするなら、ジョセフのベースとなる人間は、父親か、アレクサンドルかに絞られると思います。

そして作中で異彩をはなっていたのはなんといってもバグス一号からアメリカで力を発揮していたアレクサンドルでしょう。ジョセフはフィラデルフィアの生まれですが、ローマへ本拠地を変えていますが、ここも関係があるのかもしれません。とはいえ、ジョセフのベースになりうるとしたら、人間であり、それはニュートン一族の人間を超え神になるために一番近かった人物、
アレクサンドルが妥当ではないでしょうか。

テラフォーマーズ、ジョセフのベースは人間の結論まとめ

テラフォマーマーズのWeb版でジョージ・スマイルズが送ってきたテラフォーマーの遺伝子を利用してモザイクオーガンが利用可能になりました。そのうえで、その技術を利用して、アレクサンドルと本田博士は膝丸燈を生み出しますが、別のルートで人間の完成形としてジョセフが生み出されたのではないでしょうか。紅式のように常時その能力が発揮されながら日常生活に支障が出るような形ではなく(当然中国の技術開発より先発していたでしょうから)ベースをもった通常型MO型と予想されます。

そうであるならば、より完成度の高い人間をベースとしたことが予想されます。その完成度の高いベースとしての人間は、当時の人類の最高峰にあったニュートン一族の当主こそふさわしいでしょう。であるならば、アレクサンドル・G・ニュートンこそ、そのベースにふさわしいと考えられます。

テラフォーマーズ、ジョセフのMO手術のベースは!?の回答としては、人間、それも世界最高峰の能力を持ったアレクサンドル・G・ニュートンと言えるのではないでしょうか。

テラフォーマーズジョセフのMOベースはベニクラゲ?

ジョセフとアレクサンドルの関係性も突っ込まれてて、ジョセフ=アレクサンドルなんじゃないかというのもあります。


アレクサンドルがいち早く着目したのが不死の生物ベニクラゲです。これをいち早く自分に取り込み、ベースにしたのではないかという説ですね。


これも傍証としてなかなか興味深いですよね。
気の早い人は


なんて言っちゃってるけど、興味深い内容だと思いますね。

関連記事はこちらです
テラフォーマーズ ジョセフのベースは人間?
テラフォーマーズ ジョセフの子供はどうなったの?
テラフォーマーズ、ジョセフの過去
テラフォーマーズ、ジョセフのMO手術ベースは?意外な予想!
テラフォーマーズ ジョセフの裏切りの理由とは!