サッカーのプレミアリーグは現在大番狂わせのシーズンになっていますね。
 昨年度の王者チェルシーがスタートダッシュに失敗して、モウリーニョの3年目のジンクスが発揮してしまい、一時期は降格圏に沈みながら、逆に昨年度残留あら相違をしていたレスターシティが大躍進です。

 そのレスターをけん引するのが、開幕からの連続ゴールをプレミア新記録の連続試合ゴール11を決め、現在もチームの好調を支えるヴァーディーでしょう。
 2012年の5部相当のフリートウッドから2部のレスターに移籍しましたが、まさかここまで活躍する選手になるとは思いもしませんでした。
 



 昨年度のレスターは、守備にカンビアッソなどキーになる選手を置き、ビッグクラブ相手にも積極的な姿勢を見せていて、観ていてとても面白いチームでした。内容はいいのに、なかなか結果に結びつかず、もったいないと感じていましたが、なんとか残留を決めました。

 しかし、今季の開始は安定的なものではありませんでした。2011年からチームを率いてこられたナイジェル・ピアソンの息子のせいともいえる解雇と、ラニエリ監督の突然の招へい、うまくいくのかと不安になっていましたがまさかの大躍進。開幕前の差別発言などネガティブな面はやはり忘れてはいけませんが。

 とはいえ、ワン・ダイレクションのルイ・トムリンソンも主演候補というこの映画、やはり注目したいですね。

 個人的には、リヴァプール戦で決めたあのボレーを映画で使ってほしいなと思っています笑