テラフォーマーズの物語の上で、ジョセフを抜きに話は進みません。その行動原理はどこからくるのか、その人間性と過去を観ておかなくてはなりません。そして、彼が属するニュートン一族も整理していきます。

ニュートン一族とは

アレクサンドル=G=ニュートンや、その孫ジョージ=スマイルズ、そしてジョセフ=G=ニュートンをはじめとするニュートン一族は、計画的に遺伝子を掛け合わせた人間界のサラブレッド一族です。ニュートン一族は、600年にわたり容姿や身体能力を自然交配で高め、通常の人間とは比べものにならないレベルまで達していました。その完成形がジョセフなのです。ニュートン一族の、究極の目的は彼らの目的は人間を超えること、つまり神になることであると言えます。

アレクサンドル・グスタフ・ニュートン

U-NASAにおけるバグズ1号と2号の最高責任者。彼の部下にはデイビスさんがいました。1号の時はお父ちゃんデイビス。2号の時は息子デイビス艦長。火星ではテラフォーマーとの戦闘を予想していたので、乗員たちへのバグズ手術を行うよう指導していました。火星で何かを知り、「それを母なる”ラハブ”の解答だ」といっていました。孫のスマイルズが地球に送ることのできたテラフォーマーの首をみて、「これで人間を超えることができる」と言っています。

 

ジョージ・スマイルズ

バクズ1号乗務員。
アレクサンドル=G=ニュートンの孫。小町艦長と同様、宇宙船の中で女の子と仲良くしています。女の子のベースは不明でした。
テラフォーマーにいきなり蹂躙されますが、彼の活躍によりテラフォーマーの首をなんとか地球に飛ばします。これによりテラフォーマーの存在を確認することに成功し、テラフォーマーのクローンを作ることが可能になり、モザイクオーガンが手に入ります。(彼は生き残ってラハブの技術をテラフォーマーに流用しているのではないかという説もあり。)

ジョセフ・G・ニュートンの父親

ジョセフの父は相手に威圧感を与えないようにと、敢えて、ジョセフの母を他の兄弟とは違う、アルバニアの売笑婦に選び、ジョセフを一年契約で産んでもらったと淡々と思春期の息子に語る。
その後の再登場は見られず。

ジョセフ・G・ニュートン

国籍:ローマ連邦
年齢:24歳
身長:187㎝
体重:99㎏
手術ベース:ラハブ人?(プラナリア、デンキウナギ)

専用武器:対テラフォーマーコーティング式西洋刀「ジョージ・スマイルズ
マーズランキング:1位
能力;プラナリア(エヴァの能力を元に自力でM,O手術を決行)、デンキウナギ
現当主でありアレクサンドル・グスタフ・ニュートンの玄孫(という設定)。身体能力だけでゴキブリを倒すことが出来る。




ジョセフの行動原理

ジョセフの行動原理は、渇望と言えるのではないでしょうか。ジョセフはデザインされた出生を持ち、父親がアルバニアの娼婦に産ませたことから、自らは本当の愛によって生まれた存在ではないという劣等感を持ちます。その劣等感は、愛を経ずに功利的な合理性を持った一族への愛憎を産んだのではないでしょうか。そして、悲劇的なジョセフの過去は、この本当の愛を知らないばかりに、本当の愛を確かめずにはいられないことに起因します。

ジョセフは、愛を証明するために、親友を犠牲にします。そして、もろくもその証明は失敗します。その証明とは、ジョセフにはジャックとミッシェルという二人の友人がいましたが、この二人の理性を極限まで弱らせても、お互いを信じあえるかを実験します。それでも信じあえたら、真実の愛があり、自分の見ている二人は美しいものだと信じていいのだという実験です。ちなみにこのミッシェルはミッシェル・K・デイヴスとは別人です。

しかし、ミッシェルはジャックを信じることができませんでした。ジョセフはジャックを凶暴な人間と様々な人間を使って、ミッシェルに信じ込ませます。そして傷ついていたミッシェルは優しく近づいたジョセフに体を許してしまい、妊娠までしてしまったのです。そこまでした後で、ジョセフは、ミッシェルに真実を語ります。真実を知ったミッシェルは、ジャックの元へ帰って行きます。ジャックとミッシェルはやがて一緒になり、アメリカの航空宇宙関係の仕事に就きます。






ジョセフが仕向けた実験とは?

ある日、ジャックは学校の教師を素手で殺害してしまいます。その教師がミッシェルを強姦したことを知り、ジャックは激昂して犯行に及んだのです。しかし、拘置所に収監されたジャックは警察に何も話しません。ジョセフとミッシェルにさえ犯行の動機は明かさなかったのです。それはミッシェルの名誉が傷つくことを気遣ってのことでした。しかし、ジャックの知った事実はジョセフによって仕組まれた嘘の情報でした。

真実は、ジョセフが教師を買収し、ミッシェルにセクハラをするように依頼しただけです。けれど、ジョセフはさらに、クラスメイトまで買収し、ミッシェルが教師から暴行を受けたと嘘の情報をジャックに流します。ミッシェルはジャックがキスをされたから教師をボコボコにしたと感じ、ジャックを恐れます。

テラフォーマーズジョセフの意外な正体!?

ネットでは、こんな意見もありましたが、


ジャック=デイヴィス艦長とする説ですが、ジョセフが父親となっては、ミッシェルに弾丸蟻の能力が受け継がれるわけがないので、否定されますが、逆に、バグス一号時の責任者であった

が父親ならどうでしょう。明確な時間軸が語られることなく、ジョセフの過去の話は始まりました。単純に10年位前とするのは早計なような気がします。特に、時間軸を明確にうちだすテラフォーマーズの世界でではです。とするなら、ジョセフは、ミッシェルの祖父になるか、もしくは、ジャックと最初のミッシェルの子がディヴィス艦長となり、血のつながりはないのかもしれません。
ジャックと最初のミッシェルが勝ち取りえなかった真実の愛を、その子供の世代が勝ち取り、その結晶としてのミッシェルに並々ならない執念を燃やしているのではないでしょうか。
僕は、ジョセフの過去はもっと壮大ではないかと考えています。それが、ジョセフ=アレクサンドル説です。高齢のアレクサンドルが、テラフォーマーを手に入れ、モザイクオーガンを行う手術の最初に選んだのが、不死であり疑似転生を繰り返すベニクラゲではないかというものです。
ベニクラゲとは、wikipediaによると、

ベニクラゲ類(Turritopsis spp.)はヒドロ虫綱に属する、いわゆるクラゲの一種である。日本には少なくとも3種が生息する。雌雄が性的に成熟した(有性生殖が可能な)個体がポリプ期へ退行可能という特徴的な生活環を持つことで知られる。世界中の温帯から熱帯にかけての海域に分布する。
クラゲが再びポリプに戻ることが発見され、「不老不死」のクラゲとして知られるようになった。

ということから、アレクサンドル⇒ジョセフとなり、ジョセフの回想は、アレクサンドルの回想につながるのではないでしょうか。爆君のようなとんでも増殖もあるので、このベニクラゲとして何度も転生を繰り返している説も、あながちありえなくもないと思います。ジョセフの過去は、そのままアレクサンドルの過去になり、ジョセフが、ミッシェルをずっと見てきたというのも、アレクサンドルとしての意思があるのではないでしょうか。
以下、同様にアレクサンドルとジョセフが同一人物という意見を紹介したいと思います。


ここまでくると何があっても不思議ではないですよねw

こちらの記事も読まれています。
テラフォーマーズ ジョセフのベースは人間?
テラフォーマーズ ジョセフの子供はどうなったの?
テラフォーマーズ、ジョセフの能力
テラフォーマーズ、ジョセフのMO手術ベースは?意外な予想!
テラフォーマーズ ジョセフの裏切りの理由とは!