三浦朱門さんの死因


 三浦さんの死因について調べてみると、「間質性肺炎」でした。

 誤嚥性の肺炎など、肺炎は高齢者の死亡リスクの中ではかなり高いですが、この間質性肺炎というものはあまり耳なじみがありませんでした。

 調べてみると、「間質」というのは肺の中でも肺胞と毛細血管を取り囲む部分のことを指すそうです。

 通常の肺炎は気管支などが患部となりますが、この肺炎は発症部位が異なるようです。

 炎症によって肺が固くなってしまい、空気の交換がスムーズに行かなくなってしまうので、とても息が苦しい疾病とのことです。

 日常生活に支障が出るまでには数年間を要するということですので、三浦朱門さんの場合は数年前からこの病気に感染していたとみられています。

三浦さんと認知症

 この死因とは別に、三浦さんは認知症も発症していました。

 三浦さんは2015年の春ごろから様々な機能障害を起こしていたようで、軽口も叩けていた三浦さんですが、どんどん寡黙になっていったと、奥さんの曽野綾子さんは語っています。そして、2015年の秋ごろからは急速に衰えが進んでしまったとはなされています。

 さて、では三浦さんの訃報に皆さんはどう感じたのでしょうか。

ネットの反応を見てみましょう。

 このような感想が多く見受けられました。

まとめ

 生前からご自分の想いをそのまま発せられたので、味方も敵もつくられた方だったようです。

 間質性の肺炎でおなくなりになられました。
 
 作家で奥さんである曽野綾子さんがご自宅で介護されたようです。